簡単に使用できる離型剤を用いて綺麗な成形を続けられる生産工場へ

SITEMAP
Release agent

不燃性溶剤を使った離型剤なら現場も安心して作業できる

プラスチック製品等の成形作業の現場でスタッフが作業に集中できるようにするためには、様々な点での配慮が必要です。その一つとして、現場の安全性の担保があります。特に火気については注意が必要で、成形作業を行う際に利用する離型剤も、引火性のない製品を選ぶことで、一定の安全性を確保することが可能になります。
フッ素コーティング剤を成分とするフッ素系離型剤は、引火性のない不燃性溶剤を使ったタイプのものがあります。特に、プラスチック製品などを連続離型によって大量生産している現場では、業者委託せずに現場で離型剤を追加塗布するケースが多いです。そうした現場で使う離型剤が引火性ありのタイプだと、現場に大量に設置しておくのは危険な上に、関連法規に従って施設設備等を整備する責任も新たに生じます。そのような面倒を避けるためには、引火性のないフッ素系離型剤を採用するのが賢明でしょう。
引火性のない離型剤を使うことにより、作業現場は、事故による火災の発生について心配することなく、離型剤の追加塗布を行うことが出来ます。また、危険物取扱に関する法規の規制対象にならずに済めば、これへの各種対応に必要とされる追加コストも負担せずに済むでしょう。引火性のない離型剤は、安全面と共にコスト削減の面でも有用な製品と言えるでしょう。

ピックアップコンテンツ

不燃性溶剤を使った離型剤なら現場も安心して作業できる

プラスチック製品等の成形作業の現場でスタッフが作業に集中できるようにするためには、様々な点での配慮が必要です。その一つとして、現場の安全性の担保があります。特に火気については注意が必要で、成形作業を行う際に利用する離型剤も、引火性のな…

MORE

フッ素系離型剤を使うと成形の工程をシンプルにできる

製品を製造して販売するためには、様々な作業工程をクリアする必要があります。作業工程が少なく、かつ実施する作業内容がシンプルであればあるほど、製品の破損リスクも減り、ひいては、製造コストを下げることが可能になります。例えば、製造工程の中…

MORE

フッ素系離型剤についてフッ素コーティング剤専門メーカーに相談を

成形作業で使用するのに適切な離型剤を選ぶことの重要性は、反対に、不適切な離型剤を使用した場合に何が起こるかを考えてみればよく分かります。不適切な離型剤とは、例えば、離型効果が低いものという最も典型的なものに加え、塗膜にかなりの厚みを持…

MORE

現場で塗布できる離型剤採用で作業効率をアップさせよう

仕事が立て込んでいる時に、必要な道具や材料が不足することは、大きなストレスになります。特に、プラスチックやゴムなどを素材とする規格品を大量に製造販売している業者は、のしかかる生産ノルマ、迫りくる納期というプレッシャーに常に晒されていま…

MORE