簡単に使用できる離型剤を用いて綺麗な成形を続けられる生産工場へ

SITEMAP
Release agent

プラスチック等の綺麗な成形に欠かせない存在である離型剤

ハケ

高品質のゴムやプラスチック製品を見慣れてしまうと、製品がいずれも綺麗な形をしていることを当然と思ってしまいがちです。しかし実際には、このような柔らかく粘り気のある素材から綺麗な形の製品を作るのは、決して容易なことではありません。製造過程の要となる成形作業の段階で、優れた金型と離型剤の協働があって、初めて普段目にするような綺麗な形状の製品を生み出すことが出来るのです。
成形される前の段階では、ゴムもプラスチックも粘度の高い液状物質でしかなく、この状態ではどんな用途にも役立てることはできません。この素材を製品の形になるように金型に流し込み、その形で固めることで、成形の第一段階はクリアです。
次の第二段階は、形が出来た内容物と金型を引きはがして、内容物を販売できる製品として完成させるというステップです。プラスチックもゴム製品も、様々な破損リスクにさらされていますが、成形作業の第二段階は、そのリスクが非常に高いステップと言えるでしょう。破損リスクを極限まで下げる役目を果たしているのが離型剤で、特にフッ素コーティング剤を主成分として含む離型剤を使えば、よほどのことがない限り、破損を避けることが可能です。刷毛で塗布するタイプなど、現場で使いやすい製品もありますので、是非使ってみてはいかがでしょう。

フッ素系離型剤の非粘着性が特に有用なケース

ゴム製品やプラスチック製品と一口に言っても、サイズや形状はものによって様々です。大型でシンプルな形のものもあれば、分厚いもの、反対に、非常にスリムなタイプのもの、部品として使われる極細・極小のものもあります。成形が特に難しいのは後者のタイプの製品で、こういったものを成形する場合には、フッ素コーティング剤を成分として使ったフッ素系離型剤を使うと、成形・離型が非常に上手くできるのでおすすめです。
離型剤を金型に塗布することで成形物が金型からはがれやすくなる仕組みは、離型剤の成分によって違います。フッ素系離型剤を使う場合、離型効果を発揮する本体となるのは、フッ素コーティング剤によって金型表面に形成されたフッ素樹脂塗膜です。フッ素樹脂塗膜は、そもそもは非粘着性という性質を持たない金型にその特性を付与し、成形物が粘着しにくい物質に変えてしまいます。そのため、スリムなものや極細の製品など、特に離型段階での破損リスクが高い製品の形作る場合、フッ素系離型剤が役に立つのです。
ゴム製品等を製造している業者では、扱っている製品の形状やサイズに応じて、いつも同じ離型剤を使うのではなく、最適な離型剤を選んで使い分けするといいでしょう。

パッキンの性能担保に一役買っている離型剤

パッキンは、様々な製品の部品として幅広く利用されていますが、求められている役割は、基本的に、密閉性を高める・保つことです。パッキンがこの役割を果たすためには、パッキンを製造する際に、パッキンをはめ込む場所にピッタリ合った形にゴムを成形することが必要です。この成形の過程で、離型剤が顕著な活躍ぶりを見せています。
パッキンの形は、通常、細い円形で、サイズは、それをはめ込む製品のサイズによって様々です。細長いゴム製品は、特に大きなサイズになると、金型から分離する際に粘着した部分からちぎれやすいものです。完全にちぎれてしまわない場合でも、パッキンの外壁の一部が金型に付着して成形物からはがれ落ちたりすれば、パッキンとしては使いものになりません。
これを防いでくれるのが、金型に塗布された離型剤です。ことに、フッ素系離型剤と呼ばれるフッ素コーティング剤が主成分の離型剤を使うと、細長いゴム製品であっても無理なく型から外すことができるようになります。
丸くてシンプルな形のゴムパッキンは、一見、作るのが簡単そうに見えますが、実は非常に成形が難しい製品なのです。綺麗な成形があって初めて、求められた役割を全うできるパッキンは、離型剤のお陰で成型が可能になっています。


大切な離型剤のことは【株式会社フロロテクノロジー】にご相談ください!製品や性能をお客様の用途に応じてピンポイントに合致させますので安心して任せられます!

ピックアップコンテンツ

不燃性溶剤を使った離型剤なら現場も安心して作業できる

プラスチック製品等の成形作業の現場でスタッフが作業に集中できるようにするためには、様々な点での配慮が必要です。その一つとして、現場の安全性の担保があります。特に火気については注意が必要で、成形作業を行う際に利用する離型剤も、引火性のな…

MORE

フッ素系離型剤を使うと成形の工程をシンプルにできる

製品を製造して販売するためには、様々な作業工程をクリアする必要があります。作業工程が少なく、かつ実施する作業内容がシンプルであればあるほど、製品の破損リスクも減り、ひいては、製造コストを下げることが可能になります。例えば、製造工程の中…

MORE

フッ素系離型剤についてフッ素コーティング剤専門メーカーに相談を

成形作業で使用するのに適切な離型剤を選ぶことの重要性は、反対に、不適切な離型剤を使用した場合に何が起こるかを考えてみればよく分かります。不適切な離型剤とは、例えば、離型効果が低いものという最も典型的なものに加え、塗膜にかなりの厚みを持…

MORE

現場で塗布できる離型剤採用で作業効率をアップさせよう

仕事が立て込んでいる時に、必要な道具や材料が不足することは、大きなストレスになります。特に、プラスチックやゴムなどを素材とする規格品を大量に製造販売している業者は、のしかかる生産ノルマ、迫りくる納期というプレッシャーに常に晒されていま…

MORE